BENZ メルセデス・ベンツ C-Class W206 S206 フロント リップスポイラー 本物Drycarbon ドライカーボン [BZW206-FDGT-LIP]

BENZ メルセデス・ベンツ C-Class W206 S206 フロント リップスポイラー 本物Drycarbon ドライカーボン [BZW206-FDGT-LIP]

販売価格: 135,000円(税別)

(税込: 148,500円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫あり
オープション (任意):

販売価格: 135,000円(税別)

(税込: 148,500円)

数量:

商品詳細

※2022年5月末頃より順次に発送致します※2022年5月末頃より順次に発送致します
■フロントリップスポイラー
●ブランド:FUTURE DESIGN
●適用車両:BENZ W206 S206 対応
※AMGラインのエアロは取付可能です
※純正AMG C63のエアロは取付できません
●表面処理:UVカットクリアコート4層塗り施工
●材料:高級日本産綾織カーボン(Carbon)繊維使用
●材質: DryCarbon製
※車検対応商品です



Dry Carbon(ドライカーボン)
ドライカーボンは超強度と超軽量を両立した製品ですが、予め製作した「型」にカーボンクロスを何層にも貼り、高温・高圧で仕上げるという手作業無しでは不可能な製造工程となります。ドライカーボンは製造設備や材料費、生産の手間がかかることからコストが高くなってしまいます。
性能面では、ドライカーボンはウエットカーボンに比べ耐熱性が高く、機械的強度がFRPやウエットカーボンより数十倍高い為、高性能を必要とする分野で使われています。
●ボルトなどの締め付け面が圧縮破壊されにくい。(FRPなどは強度が無いため、ボルトの取り付け面などから割れます)
●非常に軽く作る事が出来ます。(FRPに比べ重量比が半分〜1/3になります)
●ハニカムを入れる事により更に軽量で高剛性の製造が可能です。
●ピンポイントの変形がありません。(ボンネットを押してもへこまない)
以上のような特徴から、レース用の自動車パーツや、航空・宇宙工学分野では必須なものとなっております。近年では軽量で耐久性のある性質から、工場などで使われる製造マシン(ロボット)のパーツとしても使われております